院長挨拶

こしや糖尿病・内科クリニック院長

このたび、帯広駅南口近くのこの地にクリニックを開業する運びとなりました。

医師となり道内各地の基幹病院にて内科及び糖尿病臨床を学び、平成25年4月より帯広厚生病院第3内科で糖尿病を中心に診療を行ってまいりました。今まで培った知識や経験を活かし、微力ではありますが地域の皆様の健康管理に貢献したいと考えております。
また、管内の医療機関との連携をはかり、適切な医療を提供できるように努めてまいります。

私の専門分野であります糖尿病は、長期にわたる管理を必要とする病気であり、治療を中断せず継続することが重要です。治療を継続するためには、患者さんが中心となった医療が大切であり、治療していく上で我々医療スタッフがお手伝いできることがあれば積極的に関わらせていただきたいと思います。
患者さんの思いに寄り添い、安心して末永く通院していただけるようスタッフ一同、努力してまいります。

 

院長 越谷 剛

経歴

略歴

  • 平成14年3月 北海道大学医学部卒業
  • 北海道大学病院、市立札幌病院で初期研修
  • 釧路赤十字病院
  • 滝川市立病院
  • 札幌社会保険総合病院(現 北辰病院) 糖尿病科
  • 国立病院機構北海道医療センター 糖尿病・脂質代謝内科
  • KKR札幌医療センター斗南病院 糖尿病・内分泌内科
  • JA北海道厚生連帯広厚生病院 第3内科に勤務

資格

  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本糖尿病学会研修指導医
  • 日本内科学会認定内科医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本糖尿病・妊娠学会
  • 日本内分泌学会 など